〒102-0083
東京都千代田区麹町
3-1-8
メイゾン麹町10F
TOP > 遮熱塗料 > 遮熱塗料とは
遮熱塗料とは

真夏の建物は、太陽の直射日光を受け屋根の表面温度が70℃〜80℃以上になることもあります。 そのため、断熱材が入っている建物でも、 どんなに空調で温度を下げても室内にどんどん熱が伝わり室温が上昇してしまうのです。

遮熱塗料を建物の屋根や壁に塗ることで...

遮熱塗料を塗ることで、建物の表面温度をクールダウン、室内に伝わる熱を大幅にカットし、省エネ・空調コストの削減を実現できます。

室内環境がよくなることで、夏場の労働環境が改善され仕事の効率もUP!
遮熱塗料を塗ることで、屋根面の温度が低くなり、太陽光線を反射するため、"一般的な塗料よりも塗膜の寿命が長く"なります。

次回の塗替えまでの期間を延ばすことができるので、大変経済的です。

真夏に屋根に蓄えられた熱は外部への熱放射をするため周囲の温度も上昇させる原因になってしまいます。これが、ヒートアイランド現象の原因の一部につながっています。

 東京中の建物に遮熱塗料を塗装した場合、気温が0.7℃低減するシミュレーション結果があります。

 

Copyright©2012 new environment solutions All rights reserved.